MacProとRAID環境を評価する
評価の環境
RAIDの効果は
マルチCPUの効果は
LED Cinema Display
 さる事情でMacProを購入する事となり、折角なのでRAID環境も入れてみた。以前から気になっていた組合わせであり、ここで使用した結果をレポートをしてみたい。同時にアップルのLED Cinema Displayも付けてみたので、それも合わせて評価する。比較対象としたのは、iMac 2007年バージョン 24インチモデルである。

 Pro購入に至った理由は、まず第一にiMacの動作のもたつき感がかなり気になっていたこと、第二にアップルローンが超低金利で分割払いの手数料が誤差に近いほど安かった事、そしてそもそもiMacの一つ上のランクにはこのMacProしか存在しないことである。

 厄介だったのはディスプレイであった。今のMacProはmini Display Portとなっている為に(DVI接続は可能だが)、このmini Display Portを使おうと思ったら選択肢が純正のLED Cinema Displayしか無いのが現実だ。しかもこのディスプレイはそもそもがMacBookとの接続を前提に設計されている為、モニタケーブルが短い。mini Display Portの延長ケーブルは秋葉館などで売られているが、mini Display Portと標準Display Portの変換ケーブルは調べた限りでは国内では売られていなかった。だからサードパーティ製のディスプレイを繋ぐとすると、事実上DVIしか無くなるのである。

 その後調べてみたら、米アマゾンなどではminiと標準のDisplay Port変換ケーブルが売られている事が分かったが、わざわざこの為に17ドルの製品に何十ドルかの送料を足した買い物をするのもシャクである。結局はLED Cinema Displayにした次第であるが、この程度の変換アダプタ(少なくとも延長ケーブル)はアップルが販売すべきではないだろうか。

 なお、参考までにここで比較した2つのマシンスペック概要を下に示しておく。


各記事は個人で楽しむ分には自由だが、いかなる意味でも営利を伴う使用については、 筆者個人の許可を求める。ただしURLを宣伝する行為は、この限りとはしない。

GO BACK TO INDEX