DMR-700の使用感
MPG4-AVCの実力は
編集機能は極めて単純
クイックスタート
うるさい番組表
iLink、D端子ほか
 最近ではどの録画機やテレビでも、番組表を出す機能は当り前についているが、このDMRシリーズでは何故か番組表に広告が表示される。それも結構チカチカと変化するもので、かなり目障りである。広告収入を宛にしているのであれば、実にせこい。こういう押しつけがましい事をすれば、広告主には逆効果ではないかと思うが如何か。

 この番組表であるが本機ではアナログ地上波の番組表データを、BSデジタル放送からゲットする。つまり、BS放送を受信していないとそこにはまっさらな番組表が表示される事になる。ところで、本機の録画予約をするに当たり、外部入力に対して録画予約をしようとして、外部からの信号をモニタしながら予約操作に入ると、何故か入力がアナログ地上波に自動的に切り替わってしまい、このアナログ地上波番組表が画面に出てくる、という不思議な仕様がある。理由は良く分からない。

 本機は放送電波入力端子が細かく分かれており、アナログ地上波、デジタル地上波、BSと3本が独立している。つまり、地上波デジタルだけを本機に接続した状態で、外部入力からの信号を見ながら予約操作に入るとまっさらな番組表と何も映らないテレビ番組モニタ画面(図の左上に出ているのがそれ)とが現れる訳である。外部入力からの予約操作を行うのに、外部入力信号をモニタしながらが出来ないという不思議な世界をユーザは見るのである。

2008年1月記述   

各記事は個人で楽しむ分には自由だが、いかなる意味でも営利を伴う使用については、 筆者個人の許可を求める。ただしURLを宣伝する行為は、この限りとはしない。

GO BACK TO INDEX