DMR-700の使用感
MPG4-AVCの実力は
編集機能は極めて単純
クイックスタート
うるさい番組表
iLink、D端子ほか
 iLinkは殆ど実用にならないと思って良い。接続を保証している機器以外は駄目だと思って間違いない。辛口子のところで試してみたが、アイオーのRecPotは駄目だったし(相手機種は認識するが動作状態が不明となる)、同じ松下製のCATVセットアップボックスであるTZ-DCH500ですら駄目だった(図に示すように本機型番のみ認識するだけだ)。(後日になって成功した。本文下に追記する)

 しかも、このDMR-700はフロントにしかiLink端子がないのだが、フロントパネルを閉じているとその端子も覆われてしまう。つまり常時iLink機器を繋ぐような使い方がそもそも考えられていないらしい。この点について松下にネット経由で問い合せたところ、そのような回答が数日で送られて来たから間違いないだろう。何となく不可解な設計思想だが、迅速に丁寧な回答が寄せられて来た事はプラスに評価したい。一見言葉使いは丁寧だが、尊大で無礼極まりない東芝とは対照的であった。

 次に、D端子はコンポジットやS端子と動作が連動している。どういう事かというと、ハイビジョン番組を普通の4:3モニタに表示する時、上下に黒帯を出すいわゆるパノラマモードで出す為には、例え接続するケーブルがSケーブルであったとしても、D端子のモードがD1かD2でなくてはならない、ということである。複数モニタをこのDMRに繋ぐとしよう。D端子をハイビジョン対応モニタに接続し、S端子を普通の4:3のモニタに接続した場合、ハイビジョンモニタにハイビジョンで表示する為には、4:3モニタの方では映像が縦長になる(上下の黒帯の所が無くなる)しかないという事になるのだ。ただし、画面モードを多少変更する機能はあり、4:3の方は左右カットをして縦長になるのを防ぐ事は出来る。が、パノラマにはならないのである。最近、割と良く見られる機能で、要するに出力回路を簡略化した副作用ではないかと思う。

 本機には、SDカードを読み込む機能や、音楽CDのデータをHDDに移すという機能がある。SDカードからビデオデータを読むというのは、松下のビデオカメラに対応したものと思われる。辛口子にとっては、意味のない不思議な機能である。

 本機に記録用ディスクを入れると、認識する間でも他の操作を受け付ける。このあたり、認識し終わるまで一切の操作を受け付けない東芝とは対照的である。

 現在放送されている全てのデジタルコンテンツには、ライトワンスのプロテクトがかかっているので、ディスクメディアに書き込む時は全てムーブになる訳だが、古い機器のように等倍で行うのではなくメディアの最高速度で書き込む事が出来る。

 最後に本機の筐体デザインについてひとこと。電源ボタンやディスクイジェクトのボタンがフロント面の上端にある。つまり、「上からも押せる」ような設計になっている。一見便利なようだが、実はラックに出し入れする為に掴むと押してしまいやすい位置であって、ラックから少し出そうとする時などに突然トレイが飛び出して来やすい。フロントパネルを閉じるとiLink端子が塞がってしまう事と合わせ、ちょっと首を傾げる設計であると思う。

2008年1月記述   


 あとになって、Rec-Pot(HVR-HD500R)と本機との間でデータのムーブに成功したので、そのやり方を書いておきたい。結論から行くと拍子抜けする位に簡単だった。次のように繋げば良いのである。

   RecPot========CATV-Tuner(TZ-DCH500)=========DMR-700

 この状態でRecPotからDMR-700へのムーブ、またはその逆が可能である。送り側が制御をする。RecPot発の場合はこのTunerに接続したテレビモニタを見ながら操作を行う。逆の場合はDMR-700に接続したテレビモニタを見ながら行う、という具合になる。

 ここで重要な事は、このようにTunerを経由する事と、これ以外の機器はこのいずれにも接続してはいけないという点だ。この条件が分からなかった。松下に問い合せても駄目だったのは無論であるが、ネットをぶらついている時にどこかの掲示板(失念)でチューナを経由してみたら、というアドバイスがあり、それを見て半信半疑でやってみたら成功したという次第である。

 送られた番組はタイムスタンプがムーブを行った時刻になる。本組み合わせの場合、番組タイトルは継承されたが他機器の場合にはどうなるかは分からない。何らかの理由でムーブが中断されると、送られた分と残された分に番組が分割される。当然だが、これでムーブ出来るのはDRモードのデータに限られる。

 ところで、このムーブ操作をした後では、何故かTZ-DCH500の音声出力(AV端子)から音が出なくなる。解消するにはTZ-DCH500をリセットするしかない。恐らくこの機種だけの問題なのだろう(何しろ古い機種だ)。

この項、2008年9月記述   

各記事は個人で楽しむ分には自由だが、いかなる意味でも営利を伴う使用については、 筆者個人の許可を求める。ただしURLを宣伝する行為は、この限りとはしない。

GO BACK TO INDEX