LiveShellで安価・高品質なUStream発信を行う


LiveShell 発信の仕方

カメラ ZOOM Q3HD

アクセサリその他

 CEREVO社のLiveShell(リンク)は手軽に高品質なUstream発信が出来るデバイスである。これとZOOM社のQ3HDという面白いカメラとを組み合わせ、安価かつ軽快なネット放送が出来るシステムを構築してみたのでここに報告したい。

 必要なデバイスを上に示す。これらの他、アクセサリやバッテリーなどがあるが、それは別ページ(上部タブ)にて述べる。iPhoneはWiFiとの認証時と、中継時のコントロールに使う。カメラQ3HDについても別頁で詳しくまとめる。写真を見ても分かるようにどのデバイスも非常にコンパクトで、これら一式を持ち運ぶだけなら上着のポケットだけでも足りるサイズである。

 LiveShellをWiFiで使うには、最初に認証させる必要がある(有線LANなら不要)。その時の接続を右に示すがLiveShellとiPhoneを付属のミニ・ステレオジャックで接続(写真にある青ケーブル)、説明書に従って当該サイトにアクセスすればほんの数秒で認証が終了する。一度認証が済んだ環境は次に電源を入れた時に自動的に継承されるので、電源オンからほぼ1分ほどでUstream中継が自動的に始まる。

 認証に当たっては、あらかじめUStreamのアカウントを取得(無料)、ムービー公開のためのダッシュボードを用意しておく必要がある。また認証する時はカメラを接続しておき、映像信号がLiveShellに入っている方がベスト(マニュアルもこの手順で書かれている)であるが色々と調整する度にカメラも動いてしまうので(このカメラは軽量の為)、本件のような場合はQ3HDであらかじめ景色でも撮影しておき、再生状態にしてセッティングするのも良い方法であろう。

 マニュアルではノートPCで認証するように書かれているが、iPhoneでも問題なく認証出来た。マニュアルにはノートPCの音声ボリュームを最大にしておくようにとも書かれているが、iPhoneの音量調整で試した限り、フルの1/2程度で何も問題はなかった。HDMIケーブルはLiveShellにもQ3HDアクセサリにも付いてくるが(片方がmini-HDMIのケーブルで要するにどちらもそのまま使える)、長さが違うので用途によって使い分ければ良いと思う。HDMIケーブルは割と固く、本Q3HDだとカメラが軽くて浮いてしまうのが玉に瑕だ。

 ところでLiveShellの設定サイト画面をiPhoneに表示して設定する時、または中継のコントロールをする時、iPhoneを横向きにすると画面のレイアウトがズレてしまう。警告が出るが向きを縦に戻してもレイアウトが戻ってくれない。その時はブックマークを利用して別サイトを一旦表示、それから「戻る」矢印をタップすれば戻す事が出来る。無論、あらかじめiPhone側で向きロックをしておくのがベスト(ホームボタンをダブルプッシュし、画面下部を一番左までスクロール)である。

 設定が終わればもう中継が始まっている。iPhone側の設定画面で録画ボタンを押せば保存もされる。これらの操作は実はLiveShell側でもかなり行えるので(LiveShell表示画面周囲に4つのボタンがあり、それを操作するとメニューが色々と出てくる)、iPhoneが無くても中継そのものは可能である。

 アマゾン等で値段をみるとLiveShellが2万7千円程度でQ3HDが実売価格2万ちょいなので、この両者合わせても価格は4万円台である。別途述べるQ3HDのアクセサリが2600円程度でこれを加えても5万円に届かない。これで安定した高品質の動画中継を行う事が出来るのだから驚きである。

 実際にこの仕掛けでUStream中継をした実例を下に掲載する。本年正月の初詣でテスト中継したものだが、丁度この途中で地震が来た。地震に驚く周囲の雰囲気のつかみ具合、囃子の音の拾い具合にこのカメラの持つ優れた音声収録機能を見る事が出来る。画質も見てのとおりで価格を感じさせない。なお、途中で画面が切れるのはカメラQ3HDの自動パワーオフが働いたもので、すぐに電源を入れて中継が再開するのも見てとる事が出来る。

 基本中継プロセスはこのとおりだが、カメラの設定やアクセサリの活用などこれ以外にも良い中継を行う為のノウハウがある。それらについては頁を改めてまとめてある。上部のタブから参照して欲しい。

2012年1月記述   

各記事は個人で楽しむ分には自由だが、いかなる意味でも営利を伴う使用については、 筆者個人の許可を求める。ただしURLを宣伝する行為は、この限りとはしない。

GO BACK TO INDEX