LiveShellで安価・高品質なUStream発信を行う


LiveShell 発信の仕方

カメラ ZOOM Q3HD

アクセサリその他

 LiveShellを使ったUStream中継をサポートする便利なものは色々とある。まず、Q3HDカメラの別売アクセサリについて触れておこう。

 ZOOM社サイトの製品リンク、Q3HDにあるように、このアクセサリキットにはACアダプタ、ミニ三脚、AVケーブル、HDMIケーブルなどが入っているが、ウィンドスクリーンとソフトケース(キャリングケース)が特に有用だ。ウィンドスクリーンについては既に述べたように屋外での必須アイテムであり、ソフトケースはベルトに取り付けられる作りになっていて持ち運び時に役に立つ。ミニ三脚は率直に言ってオマケみたいなものだ。

 さて三脚と言えばLiveShell中継を行う時に便利なアクセサリがこれ↓である。

 LiveShellに付属して来る小さなパーツに、カメラのホットシュー(フラッシュを付ける金具)へLiveShellを取り付けられるアダプタが付いて来るが、最近ではホットシューの無いデジカメも少なくないし、ここで紹介しているQ3HDにも無論、そうしたものはない。ここに示したのは三脚の雲台に2台のカメラを取り付けてステレオ撮影をするような目的のアダプタで通常フリープレート(例えばフリープレートストレート型)などと呼ばれ、ヨドバシカメラのスタジオ関連コーナーや、三脚アクセサリの所で見つける事が出来る。

 これに実際にLiveShellとQ3HDを取り付けてみると、このような具合となる。

 ところで三脚そのものにも新しい製品がある。一般に三脚は脚を開くとかなり場所を取るし、大型のものは重さも増す。ここで最近出てきた製品に多機能ポッドと呼ばれるものがあり、これは基本構造は一脚であるが脚部をミニ三脚として広げる事が出来るものだ。例えば、ベルボン社のPole Pod(ポールポッド)が代表的製品である。他にも複数メーカから幾つか同じコンセプトの製品が出ている。重量級カメラには使えないが本目的には十分だし、安定度は大型三脚に及ばないが設置場所をとらず、コンパクトで軽量であって大変便利だ。

 リンク先を見れば分かるように、一脚としてもミニ三脚としても使え、しかも三脚よりはコンパクとに畳め、伸ばせば180cm近くになるという具合で、使い方をマスターすれば非常に有用な道具となる。

 さらにこれを折りたたんだ状態でカメラを取り付け、軸を持って撮影すると一種のステディカムとして使う事が出来るというオマケもある。本Q3HDは軽量なのが災いして、手持ちで歩きながら撮影すると細かい上下動を思い切り拾ってしまうのだが、この一脚を付けると適度なウェイトが歩く時の細かい振動を抑えてくれるのである。市販の低価格なステディカム(例えば マンフロットのMODOSTEADY 585-1)も試してみたが、垂直方向の動きは吸収しないし小気味の良いパン操作も出来ない。それに比べればこちらの方が(効果は限定されるとはいえ)使いやすいというのが実感である。ちなみに三脚でも不可能ではないが、三脚の場合は畳んだ状態だと脚もまとめて掴まなくてはならない為にずっと持ちにくい。

 下のムービーは、Q3HDを手持ちで撮影したデータである。細かい上下動が激しい。

 これはQ3HDを畳んだポールポッドに取り付け、ポッドの軸を持って撮影したデータである。上下動がかなり抑えられている。

 

2012年1月記述   

各記事は個人で楽しむ分には自由だが、いかなる意味でも営利を伴う使用については、 筆者個人の許可を求める。ただしURLを宣伝する行為は、この限りとはしない。

GO BACK TO INDEX