Twitter簡単使いこなし術
 Twitterは日本人と感性が合うらしい。あまりITフリークでない普通の人達の間でも急速に広まっている感がある。特に政界でも普及が始まっており、有権者との間で活発なやりとりが始まっている現実に、時代の流れというものを強く感じる。

 しかし、初心者が最初に戸惑うのが馴染みの無い用語である。Twitterサイトにあるヘルプを参照しても、今ひとつ要領を得ない。実際、辛口子も慣れるまでにしばらくかかった。そこで、初心者向きに「これを読めばTwitterの始め方が分かる」簡単なドキュメントを作成してみたので、ここに公開する。Twitterライフへの一助となれば幸いである。

 本ドキュメントは原則としてフリーウェアとする。PDF型式で配布するが、これを印刷した物は非営利かつ内容不改変の条件下であれば無限の複製を認めるものとする。

 また本ドキュメントは2種類作成した。内容は同一であるが一つは冊子のように折り畳んで使うように、もう一つは普通に綴じて使うようにフォーマットしたものである。ZIP型式で圧縮してあるので、次のリンクからダウンロードし、解凍して使用して頂きたい。

 ・冊子タイプのダウンロードは【ここから

 ・通常タイプのダウンロードは【ここから

 冊子タイプを印刷する時、通常のコピー用紙では裏面が透け易いので、多少厚い紙を選ぶ事を薦める。どちらもA4用紙を使う事を前提にレイアウトしているが、必要なら紙のサイズはA3でもB4でも構わない。Adobe Readerからは用紙サイズに合わせて印刷する事が可能である。

 また、レイアウト上、可能であれば「フチ無し印刷」をすると作成者の意図に近い出力が得られる筈である。それが出来ない場合、周囲が欠けないように多少縮小して印刷して欲しい。これもAdobe Readerの印刷オプションで可能な筈である。

 本書は辛口子による独断と偏見に基づいて書かれたものである。内容に関する質問、提案などは辛口子宛てにお願いする。本書はTwitterオフィシャルなものではない。また、本書で紹介しているツール類に関しても、著者は公表されている以上の内容を知らない。本書の内容について、Twitter本家などには間違っても問い合わせないようにお願いする。(ここまで 2010.2.13記述)

【補足】最近は、コメント付きRTの事を、QT(Quoted Tweet)と言うようである。まだオフィシャルなのかどうか分からないので、本文に訂正は入れていない。(2010.2.18)


もどる